2018/11/17

News

日本初!AO入試・推薦入試専門塾のなかで京大、阪大、神大のAO入試合格者を同時輩出。

国公立大学では、京都大学2人(法学部、医学部人間健康科学科)、大阪大学2人(基礎工学部、人間科学部)、神戸大学1人です。
関関同立では、同志社大学20人、関西学院大学19人、立命館大学13人、関西大学6人です。
関東の有名私大では、慶應義塾大学が5人となります。

上記の合格率を可能にしたaoiの4つの強み

  1. きめ細かなサポート
    一人ひとりの考え方や価値観が異なるように、志望大学が違えば一人ひとりの合格までのサポートの仕方が全く異なってきます。そのため、当塾では、個人の対話を通したサポートを行い、きめ細かな指導を行なっています。
  2. AO・推薦入試に精通したメンター陣
    当塾のメンター(講師)は、京都大学、大阪大学をはじめとする難関国公立大学の学生、または関関同立にAO推薦入試で合格した学生を中心に構成されています。そのため、講師一人ひとりが自らの経験と実績に裏打ちされた的確な指導を行い、受験生を合格へと導いています。
  3. 膨大な情報量
    AO推薦入試は情報戦といっても過言ではありません。そのような状況下で有利に戦うために、私達は志望大学・学部の入試傾向や合格者の情報などを徹底的に収集、分析してまいりました。また、現役学生であるメンター陣を通して、常に最新の情報を入手し、日々の指導に反映させています。
  4. 適切な進路コンサルティング
    希望する受験校の対策に留まらず、AO入試の本質である、大学と生徒の適切なマッチングという観点から、生徒の価値観や経験・実績から受験生を適切にコンサルティングしています。AO入試、自己推薦入試は試験形式が複雑ですが、蓄積されたデータにより、幅広い試験形式で対策が可能です。

注釈:上記の結果は当塾の方針に従い、3学部以上併願した場合の合格率です。ただし、同志社大学経済学部と立命館大学経済学部を受験した場合は、2学部受験とカウントしています。